So-net無料ブログ作成
検索選択

異星人は、シュメ-ル語で「我は創造主」と話す。 [神社仏閣]

 

 

 

 

 

 

映画「The 4th Kind」

 



姿を現さない異星人は、シュメ-ル語で「我は創造主」と話す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






紀元前2166年頃、

アブラハムは、「シュメ-ル人のサラ」を妻に迎える。






メソポタミヤに、「ジッグラト」と云う巨石文明をもたらした「シュメ-ル人」。


アブラハムは古代ヘブライ語で「群衆の父」と云う。







アブラハムの孫にあたるヤコブから、

イスラエルの12部族となる、

12人の子供が誕生し、後の「ユダヤ王国」と成る。





紀元前722年 10支族は何処かに消えた。





「失われは10支族」が日本に来ている云う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20120318-18202820E88F8AE381AEE5BEA1E7B48B.jpg

 

 

 

 

 

 



シュメ-ル王朝、ユダヤ王国、天皇家を象徴する家紋は「菊の御紋」

君が代を「ヘブライ語」で読むと、「シオンの民よ、立ち上がれ」と成るらしい、

本当だろうか?

 

 

古事記は、「シュメ-ル語」で読めると云う説も有る。







そして、異星人は、シュメ-ル語で「我は創造主」と話す。








メソポタミヤ文明の地は、今のイラクとクエ-ト。










そして、そのDNAは、日本人も持っているかもしれない。


 

Netで拾った話です、真に受けないで下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 P9272054-3-01c15 (1).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ:異星神
nice!(5) 
共通テーマ:アート

nice! 5