So-net無料ブログ作成

心霊体験「見えない誰か」 [昭和の写真]

 

 

 

 

皇居大.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

不安顔の介護士さん、

「お母様の認知症が進んだらしく、夜中によく独り事を...」

「まるで誰かが横にいるみたい」と、

私に聞いてきた。

介護士さんが何を聞きたいかは解った。













食事をしている時でも、

スプ-ンを持つ母の手が器の上で止まり、

「見えない誰か」に止めなさい!止めなさい!

 
と強い口調で言ったかと思ったら、

しまいにスプ-ンを投げてしまった事も有った。








まるで「見えない誰か」が母の腕を掴んでいる様に見えた、

介護士さんには、「それは、母がもう一人の人格を自分の中に創って話しているだけですよ」と答えた。












こんな事もあった、

3時のおやつの時間、

「見えない誰か」を払い除ける様に右手を左右に大きく振る母、

物凄い形相で「見えない誰か」を追い払おうとしている。

後ろのテ-ブルに着いているお婆さん達、喉を潰した様な声で

「お化け~」「お化け~」と叫んだ。








横に座る母の目を見たら、小さい声で「お化け」と教えてくれた。

私には、それが「お化け」でなく、母を迎えに来た「死神」に思えた。

私は、見えない「死神」にもう少し母と居させてくれと頼んだ。










「もう少しとは、いつまでだ!」と聞く「死神」に、後3ヶ月と答えてしまった。









母は、3ヶ月後の夏の暑い日に逝ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ:昭和
nice!(3) 
共通テーマ:地域