So-net無料ブログ作成

猫におちんちんを食べられた!  [街の写真]


 

  

 

 

 

あれは、私が幼稚園生の頃だったと思う。 

 

 

 

 

 

たけし君にいじめられた...

たけし君には仕返しが出来ないので、

たけし君家(ち)で飼っている黒猫の「クロ」に「おしっこ」を引っ掛けてやることにした。



 




ズボンを降ろして たけし君家の「クロ」に「おしっこ」を引っ掛けようとした、

たけし君家の「クロ」は僕に敵意を感じたのだろうか?

狙いを定めて僕の「おちんちん」噛みついた。


 




僕は何が起こったのか理解出来ず、

暫く「おちんちん」に噛みついた「クロ」と睨み合っていた。

 

 




この惨劇を一部始終を目撃していた「クンちゃん」と「カッちゃん」は唖然としていた。



 



状況を理解した僕は、「クロ」の頭と顎を両手で鷲づかみして口を開こうとした、

でも頭皮が引っ張られ白目を剥いた「クロ」は口を開こうとしてくれない。




 

 


「助けてよ!」僕の悲痛な叫びに応えてくれた「クンちゃん」と「カッちゃん」は、

小さな「クロ」の頭と顎を掴んで口を開こうとしたが、

「駄目だ!」と一言いって直ぐに諦めた。

 


 


このまま「クロ」に「おちんちん」を食べられてしまい、

明日からスカ-トをはいて幼稚園に行かなければならないと思ったら悲しくなって来た。

 

この事をどうやって「お母さん」に話して良いか判らず泣けて来た。


 

 


仕方なく「クロ」が「おちんちん」に噛みついたまま「おしっこ」をした。

そうしたら「クロ」の喉はガボガボに成り、牙の隙間から「おしっこ」が溢れ、

呼吸困難に陥った「クロ」は驚きの表情のまま地面に落ちた。

 

 

  

 

この事件を「お母さん」に話したら涙を流して笑っていた。


この事件を「お父さん」に話したら

「赤チン」でなく「ヨードチンキ」を塗られ「クロ」に噛まれたより痛かった事を今でも覚えている。


その後「クロ」は僕の顔を見ると一目散に逃げるように成った。

  

  

 

 

 

 

それでも「動物嫌い」に成る事も無く、

独りで動物園に行くのが好きです。


 

*作ってません本当の話です。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

P101229822.jpg






東京都武蔵野市









タグ:動物園
nice!(3) 
共通テーマ:地域

心霊体験「見えない誰か」 [昭和の写真]

 

 

 

 

皇居大.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

不安顔の介護士さん、

「お母様の認知症が進んだらしく、夜中によく独り事を...」

「まるで誰かが横にいるみたい」と、

私に聞いてきた。

介護士さんが何を聞きたいかは解った。













食事をしている時でも、

スプ-ンを持つ母の手が器の上で止まり、

「見えない誰か」に止めなさい!止めなさい!

 
と強い口調で言ったかと思ったら、

しまいにスプ-ンを投げてしまった事も有った。








まるで「見えない誰か」が母の腕を掴んでいる様に見えた、

介護士さんには、「それは、母がもう一人の人格を自分の中に創って話しているだけですよ」と答えた。












こんな事もあった、

3時のおやつの時間、

「見えない誰か」を払い除ける様に右手を左右に大きく振る母、

物凄い形相で「見えない誰か」を追い払おうとしている。

後ろのテ-ブルに着いているお婆さん達、喉を潰した様な声で

「お化け~」「お化け~」と叫んだ。








横に座る母の目を見たら、小さい声で「お化け」と教えてくれた。

私には、それが「お化け」でなく、母を迎えに来た「死神」に思えた。

私は、見えない「死神」にもう少し母と居させてくれと頼んだ。










「もう少しとは、いつまでだ!」と聞く「死神」に、後3ヶ月と答えてしまった。









母は、3ヶ月後の夏の暑い日に逝ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ:昭和
nice!(3) 
共通テーマ:地域