So-net無料ブログ作成
検索選択

国連憲章 53条 敵国条項 [在日米軍]

 

 P1016515-11.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国連憲章 53条 敵国条項





第二次大戦中の敵国であり、 

 


解釈により様々な国が敵国とされているが、

ドイツと日本は常に敵国認定されている。 

 






敵国=ドイツ・日本









国連加盟国は、いかなる戦闘行為も安全保障理事会の許可が必要となるが、

 


例外的措置として、「日本及びドイツ他の敵国」が侵略政策の再現を目論んだと想定された場合、 

 


これを防止する意味での戦闘行為は例外敵に許可される。

 

 

 

 

 

つまり、戦争の準備を始めていると近隣諸国が「判断した」だけで、

「日本とドイツには攻撃していい」と国連は認めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考図書 苫米地英人著 「アベノミクスを越えて」読んで初めて知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このままで良いのかな? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

駐日大使ジョセフ・ナイ 「対日超党派報告書」



共通テーマ:アート