So-net無料ブログ作成
検索選択

昭和40年代 都電 「父の撮った写真  No1」 [昭和の写真]



父の形見のネガを焼いてみた、

古いネガのままだと現像出来ないらしい古いネガを新しいネガに焼いてから現像して貰った。 

紙のネガ入れには、昭和40年代東京都電終り頃のフィルムと記されている。 

都電の愛称は「チンチン電車」だった。

昭和47年11月 都電は荒川線を残して廃止された。



7890541.jpg

地方から上野駅に着いて下町まで都電で行けたんだ、料金は幾ら位だったのかな?覚えていないな。  


 


 


 

7892279.jpg 

子供の頃 東京都江東区北砂7丁目の親戚のおばさんの家に遊びに行く時によくチンチン電車に乗った、  

運転手さんが手で紐を引っ張って「チンチン」とカネを鳴らしてから出発していた、   

それに合わせて私も大きな声で「チンチン」と言って母を困らせていた。 

 

 

 

7892228.jpg

神田須田町?  秋葉原辺りもチンチン電車が走っていたらしい旧交通博物館の万世橋の近くに都電の痕跡が有る。






 

7898748.jpg 

車の型も懐かしい。  

道の真ん中に線路が走っていた、スピードはどれ位出ていたのだろうかそんなに速くなかった気がする。 

 

 

 

道の両側の花は、何を意味しているのかな? 都電のさよなら運行の日だったのだろうか? カメラを構えた人もいる。




 

 

7890553.jpg 

錦糸町でなく錦糸掘車庫? と 門前仲町行き

 

父の都電の写真は20枚近く有ります、近いうちに都電の痕跡と一緒に公開したいと思います。

 

 

 

 

昭和の写真「映画を観たら東京タワーに登りたくなった。」

http://blog.so-net.ne.jp/zabieru1/2007-11-04  


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タグ:鉄道 昭和 都電
コメント(6) 

昭和40年代 都電 「父の撮った写真  No2」 [昭和の写真]

 

 

 

 2007年の記事

 

 

 

 

昭和47年11月 都電は三ノ輪橋から早稲田までの間を運行している荒川線を残して廃止された。

 

 

 

 

↓東京都江東区 昭和40年頃 錦糸町?


7899194[1].jpg

   

 

 

 

 

都電の痕跡を探して、錦糸町から 亀戸 大島 北砂 辺りを散策した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに 錦糸町駅前には都電の痕跡らしき物は見当たらなかった。

 

 







7899251[1].jpg

 

 

 

 


 

北砂7丁目のおばさんの家に行った子供の頃の記憶を辿って歩いてみた、このルートを通るのは約35年ぶりです。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

都電の軌道が 亀戸緑道公園 大島緑道公園 となって残されていた、道幅が意外と狭い様な気がした。





 

 

 

 

↑の写真がどこの橋かどうか判りませんが都電が橋を渡るとき水面が真下に見え怖かった記憶が有ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竪川人道橋に都電のレールがそのまま残されていました。  




  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川は埋めたれられ公園にかわり、水路が残されていました。 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ:鉄道 昭和 都電

夏の花が咲いていた。 [昭和の写真]

 

 

 

ムクゲの花は色っぽい、

日差しにその衣装が透けて見える、

とても恥ずかしくて正面から見られない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京都調布市 神代植物公園

 

 

 

 

 

古い写真を見ていたら、 

父の二十歳の頃の写真と芝浦岸壁より輸送船に乗船した思い出を綴った短い文章が出てきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芝浦岸壁より輸送船に乗船する、父や妹達家族に見送られる多くの初年兵もそうであった。

船は岸壁を離れる、 戦友一同は甲板に上がりて離れる陸地をみる。

その中の一人が「ああ堂々の輸送船さらば祖国よ栄あれ...」と歌いだす、

その声に合せて合唱しだす、みんな泣いていた。

(↑四行 父の文章)

 

父は戦争にについて 私には何も語ってくれなかった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の芝浦は開発が進み古びた船着場が高層ビルに囲まれている。 

 

 

 

 

 

 

 

 

バブル全盛期にはジュリアナ東京という女性が過激なファションで踊るディスコが有ったらしい、行きたかった。

 

 

 

 

 

 

 

小さなハゼが湧いていた。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノレールが頭上を通るたび空気が揺れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晩年 父は、歌手の瀬川瑛子さんが好きで追っかけをやっていた、

冬の寒い日 テレビ局の玄関で彼女が出てくるのを待続け倒れてしまい、

テレビ局の守衛さんから電話が掛かって来たことも有った。 

 

 

神代植物公園にもよく出掛け 写真を撮っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏の花が咲いていた。 

 

 

 

 

 

 

 

東京の空はいつになく澄んでいた。