So-net無料ブログ作成
秒速5センチメートル ブログトップ

秒速5センチ5メートル「あの貴樹君、貴樹君は、きっと、この先も大丈夫だと思う、絶対!」明里は貴樹の未来が見えていた。 [秒速5センチメートル]













休日も自宅で仕事、

白板にはアプリケーションプロミラミング納品、

エレベーターで鍵を落とす、

貴樹は疲れ果てていた。




終電のなくなった新宿、参宮橋に自宅まで歩いて帰る、雪がちらつく、「桜の花びら」を連想される。




3年間付き会っていた女性からメールが届く、

でも、私達はきっと1000回もメ-ルをやりとりして、たぶん心は「1センチ」くらいしか近づけませんでした。




貴樹は会社を辞めた。







13歳の3月、雪の岩船の駅、

「あの貴樹君、貴樹君は、きっと、この先も大丈夫だと思う、絶対!」

明里は貴樹の未来が見えていた。




貴樹は、あの時の明里の言葉を借りて「自分」を取り戻した。










10361677.jpg












踏切の向こうは過去。


























裁量労働制、


高プロ、


長時間働いても、低賃金で働かなければならなくなるのだろうか?



















































nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

秒速5センチメ-トルの風景 遮断機が上がっら、そこに 明里が...   小田急線の踏切 [秒速5センチメートル]

 

 

2007年の記事。 

 

 

 

 

 

 

「秒速5センチメートル」を観た、頭から離れない、 

自分が13歳の子供の頃の せつない思いと重なり有って。

 

 

 

明里と貴樹の面影を追って。

 

 

 

 

 

 

昨日 夕方ここに来た時は本当にチョビが居た、

今日は、何処かに行ってしまっていた。 

                                                            

 

町を散策していたら、 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは きっと 本当に有った物語だと思えてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遮断機が上がったら 、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに 明里が...       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10361677.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(3) 
共通テーマ:アート
秒速5センチメートル ブログトップ